悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > 男女ですれ違う恋愛心理と価値観ホーム > 恋愛・結婚 > 男女ですれ違う恋愛心理と価値観

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男女ですれ違う恋愛心理と価値観


恋愛・結婚

entry-110.png
同じ人間なのに男女で恋愛の心理や価値観は違います。「どうしてわかってくれない」「どうしてわからない」などと喧嘩し、すれ違ってしまうのは、心理や価値観が違うためです。お互いの価値観をぶつけ、理解しあい、強い絆と関係をつくっていく恋愛。人によって多少の違いはありますが、男女の心理や価値観の特徴をしっておいて損はありません。
ランキング応援お願いします

好きなんだなと感じる瞬間

女性は「ながら」の考え事が得意で、料理をしながら、テレビを見ながら、「今何してるかな」など気になる男性のことが浮かんでくると好きなんだなと感じます。

男性は一つのことに集中しやすく、集中がきれてひと段落したときに「会いたない」と気になる女性の事が浮かんでくるとすきなんだなと感じます。

片思い中の心理

女性は「好きな男性にどう思われているか」を気にし、男性は「好きな女性に好きになってもらう方法は何か」を気にします。

片思い中の女性は、感情の起伏が激しくなり、目をそらされれば「嫌われているかも」と心配になったり、目が合えば「脈ありかも」など、相手の言動に一喜一憂しやすくなる特徴があります。

片思い中の男性は、好きになってもらうための計画や段取りを考え、「何が好きかな」「どこがいいかな」など、相手の好みをリサーチし喜んでもらえるか脳内シュミレーションをします。

好きになる理由

女性は好きなった理由を求めるのに対し、男性は楽しいから、一緒にいたいからと具体的な理由を持たず、シンプルに感情で好きになります。

女性が、出会いから、好きになった言動、恋愛に発展したストーリーを知りたいために「どこが好き」と質問しても、男性が具体的にどこが好きなのか、明確に返答できないのはこのためです。

喜びを感じるとき

女性は日常の中から小さな喜びを見つけることができますが、男性は大きなイベントで喜びを感じます。

「今日も会えた」「声が聞けた」などで喜びを感じる女性。誕生日や記念日を一緒に過ごすことができたことで喜びを感じる男性。

「いつも何もしてくれない」と怒る女性に対し、男性の「誕生日お祝いした」というような喧嘩はこのすれ違いが原因です。女性は大きなイベントだけでなく、日々小さな喜びを与えて欲しいと思っています。

喧嘩

女性は「気持ちをわかってほしい」と思い、男性は「説得しわからせたい」と思います。

相手に気持ちを話し、受け止めてもらえば仲直りできると思っている女性に、自分の考えを主張し説得しようと男性がするためにいつまでも平行線で終わりません。

男性は自分の気持ちを押し付けるのではなく、女性の気持ちを受け止めてあげて、その後自分の気持ちを伝えることで早く仲直りができます。

悩み事の解決

女性は男性に解決策やアドバイスを求めていません。悩みを話し、伝えることで自分の考えを整理します。

男性は悩みを人に話そうとはしません。自分で考え物事を消化しようとします。

女性は男性から悩みを教えてもらえないと「信頼されていない」「さみしい」という気持ちになるため、「悩みがあるなら聞く」とい言ってしまいますが、男性にとってその言葉はプレッシャーとなります。


恋愛の価値観は十人十色。男性っぽい女性もいれば、女性っぽい男性もいます。すべての男女に当てはまる心理、価値観ではありませんが、どういう特徴があるかを知っていれば、好きな異性の気持ちをしることができ、すれ違いで喧嘩をするようなこともありません。
あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。