悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > 急増中?ノーブラでバストアップとリフトアップホーム > 美・ダイエット > 急増中?ノーブラでバストアップとリフトアップ

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急増中?ノーブラでバストアップとリフトアップ


美・ダイエット

entry-112.png
ブラジャーが必要とされる理由は、バストの重さ、垂れることを防ぐなどさまざま挙げられますが、運動するとき以外はバストをしない方がよいという研究報告があります。日本人のバストは小さめのため、普段はブラをしないことで、バストアップ、リフトアップが可能なようです。
ランキング応援お願いします

世界の平均バスト


Aカップ 日本 中国 タイ インドネシア
Bカップ インド イラン サウジアラビア アフリカ メキシコ
Cカップ オーストラリア ブラジル アルゼンチン カナダ イギリス フランス イタリア
Dカップ アメリカ ドイツ コロンビア ベネズエラ
Eカップ以上 ロシア ノルウェー フィンランド スウェーデン

ブラ必須の基準

ブラ必須となる基準は「アンダーに鉛筆挟んで、手を放しても落ちない」ということ。

バストはクーパー靭帯という組織で支えられています。
バストが大きく重たいとクーパー靭帯が伸びてしまい垂れる原因となります。

スポーツなどで常にバストが激しく揺れることも、クーパー靭帯が伸びてしまう原因となるので、運動をするときもブラは必要となります。

ノーブラでバストアップ

クーパー靭帯は日々の自然な体の動きの中で刺激され発育します。
ブラをすることで自然な動きが妨げられクーパー靭帯が十分に発育されません。結果としてバストの成長を妨げたり、バストが小さくても将来たれてしまう原因となります。

早い段階でブラをつけたり、サイズの合っていないブラをすることで、バストの成長を妨げていることがあります。

「ブラ着用停止後の乳房の発達」という研究では、1年間ブラ着用を停止すると、乳房の細胞組織の質が向上し、肩の回旋筋や大胸筋がより発達し、バストのサイズもわずかながら大きくなっており、より引き締まり、より高く隆起していた。バストは垂れるどころかリフトアップしています。

「ブラジャー着用による乳房の形状変化」という研究では、半年間ブラ着用を停止で、アンダーバストが縮小しトップバストが拡大。サイズアップ、リフトアップしています。

もちろんブラをしないとバストが垂れるという研究結果もあります。
しかし、その研究結果でもクーパー靭帯を鍛えるためには、普段はブラの着用は避けるべきで、激しい運動をするときは、スポーツブラなどでしっかりバストを守ることとなっています。

クーパー靭帯に多大の負担をかけてしまうと、一度伸びてしまったクーパー靭帯は元に戻らないため、大きなバストや運動をするときは負荷をかけないためにはサイズのあったブラで守ってあげる必要があります。

増えてるノーブラ女性

ブラジャーに関するアンケート調査の結果、ブラに対する不満やストレスは多くの女性が持っています。

しめつけの苦しさ55%
漬け疲れ感36%
ストラップのズレ27%
ワイヤーのスレによる痛み27%
ストラップの食い込みの痛さ24%

「仕事中や授業中にブラを外したくなったことはあるか」という質問では7割の女性が外したくなったことがあると回答。そして実際に仕事中や授業中に「ノーブラになる」「ホックを外す」女性は4割いました。

カップ付きインナー、ブラトップなどを試しても、結局は「ブラ」でありノーブラの解放感がないとの声も。

薄着の季節は難しいノーブラでの外出も、厚着になればバレにくくなります。薄着の季節がくるまでノーブラでバストアップ、リフトアップに挑戦してみてはどうでしょうか?
あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。