悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > ただの浮気者じゃない?ポリガミーとモノガミーの見分け方ホーム > 浮気・不倫 > ただの浮気者じゃない?ポリガミーとモノガミーの見分け方

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただの浮気者じゃない?ポリガミーとモノガミーの見分け方


浮気・不倫


日本の恋愛では特定のパートナー、恋人1人以外の人を好きになることを浮気と捉えます。日本の結婚制度が一夫一妻制のためこういう感覚になるのは仕方ありません。一雄一雌の関係をモノガミーといいます。しかし、同時に複数の人を本気で愛することができるポリガミーといわれる人たちがいます。
ランキング応援お願いします

ポリガミーは浮気とは違う


複数の相手と交際しているという意味では、ポリガミーも浮気も同じですが、実質はまったくの別物です。

浮気する原因のほとんどが、恋人やパートナに不満に対するちょっとした不満があるからです。
あまり会えない、ケンカが増えた、マンネリ、刺激が欲しいなど、満たされない部分を、別の異性で満たそうとすることが浮気です。

一方、ポリガミーは恋人やパートナーに不満がなくても別の人を本気で好きになります。誰か一人だけに愛を注ぐということもありません。

浮気の場合は、恋人やパートナーに対して罪悪感を感じたり後悔をします。また、相手が浮気や複数恋愛をすることに対して苦痛を感じます。

ポリガミーは複数恋愛が「間違いっている」「悪いこと」思っていません。まったく罪の意識はありませんから、相手が浮気や複数恋愛をしていても、当たり前の事として苦痛を感じません。

浮気なのかポリガミーなのかを見分けることは困難ですが、「別の誰かと付き合っている理由」が何なのかをよく話し合うこと、「平等に愛情を注いでいるか」で、どちらなのかわかってきます。

ポリガミーは普通のこと

日本のように一夫一妻制の環境ではポリガミーは特殊な存在のように思えますが、一夫多妻の国や動物の世界ではポリガミーはごく普通の存在です。

モノガミーとポリガミーのどちらが正しいということはありません。日本の制度ではポリガミーは異端な存在ですが、国が変わればモノガミーが異端な存在になります。

複数恋愛をする人、ポリガミーを非難することはできません。

ポリガミーの恋人との付き合い方

ポリガミーに浮気をやめさせることはできません。浮気と思っていないから当たり前です。

よく話し合いをするしかありません。モノガミー同士の恋愛でも意見の違いがありますが、モノガミーとポリガミーはそもそもの恋愛への考え方が違うのでよけいに複雑です。

その結果、ポリガミーが折れて複数恋愛をやめるか、自分が折れて複数恋愛を認めるか、恋人パートナー関係を解消するかしかありません。

ポリガミーという存在を認めることができれば、恋人パートナー関係を解消しても険悪な関係にはなりません。

日本人の多くはモノガミーで自分だけを愛してほしいと思っています。しかし、世の中にはポリガミーといわれる複数人を本気で愛せる人がいるということは知っておくべきです。
あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。