悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > ピンク色の乳首を手に入れる方法ホーム > 美・ダイエット > ピンク色の乳首を手に入れる方法

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンク色の乳首を手に入れる方法


美・ダイエット

entry-125.png
黒ずんだ乳首の女性は経験豊富なんて都市伝説があります。この話を信じてる男性が多く、ピンク色でないことに悩んでいる女性もいます。経験が色に関係ないとは言い切れませんが、乳首が黒ずむにはさまざまな原因が絡んでいるので、必ずしも経験が豊富=遊んでいるというわけではありません。
また原因によっては改善策もあり、ピンク色の乳首を手に入れることができます。
ランキング応援お願いします

乳首の黒ずみの原因

摩擦
メラニン色素が多く古い角質となりたまると黒ずんで見えます。

肌は摩擦から皮膚を守ろうとするためにメラニン色素を作ります。このメラニン色素が刺激によって過剰につくられることがあります。

この摩擦による刺激の部分だけをとって、「乳首の黒い人は経験豊富で遊んでいる」と言われます。しかし、衣服との摩擦などもあり、必ずしも経験による摩擦だとは言えません。

生まれつきの肌
色黒の人もいれば色白な人もいます。同じように生まれつきピンク色の乳首の人もいれば黒っぽい人もいます。
生まれつき色黒の人はメラニン色素の生成が多いので乳首の色も黒っぽくなります。

女性ホルモンの働き
幼い女の子のほとんどがピンク色なのは女性ホルモンが少ないから。女性ホルモンのが多くなるとメラニン色素が多くなります。

このため初潮ごろから乳首の色も変わってきます。経験がなくてもピンク色ではなくなってきます。

また、妊婦の乳首が黒くなるのも、女性ホルモンが増え、メラニン色素が増えるからです。これは赤ちゃんに母乳を与えるとき、吸われる刺激から乳首を守るためと言われています。
産後生理が戻ってくるころには女性ホルモンも減るので元の乳首の色に戻っていきます。

あばあちゃんになるとピンクの乳首になるということからもわかります。

乳首のお手入れ

男性に見せることを生業としているプロの女性には、古い角質を取ることでピンク色の乳首を維持している人がいます。

角質をとるといっても大がかりなものではなく、お風呂の時に専用の石鹸やパックでケアするというもの。
最近では女性の気になる黒ずみをケアしてくれるデオドラント美容ジェル【ココキス】のように、手軽に使えるジェルタイプのものが人気のようです。

ココキス[CocoKiss]は女の子のために、女の子が企画・開発した新エチケット美容ジェルです。
125_1.png

乳首のいろだけでなく、ワキのニオイ、生理中のニオイ、Vラインの悩みなど、気になるけど友達にも聞けないような女の子の悩みをもつ女の子のリアルな声を集め、香りやデザインはもちろん、ちょっと気になるときに手軽に使えるジェルタイプの強みをいかせるサイズ(量)にまでこだわって作られています。

試してみて、実感できなければ全額返金の保証付なのもうれしいところ。
125_2.png


乳首の色で経験の量を測るのは間違ったことですが、余計な誤解は与えたくないもの。
あたなたはどう変わりますか?



女性の気になる黒ずみをケアしてくれるデオドラント美容ジェル【ココキス】





シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。