悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > 好みのタイプじゃない?強気の告白が成功の秘密ホーム > 恋愛・結婚 > 好みのタイプじゃない?強気の告白が成功の秘密

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好みのタイプじゃない?強気の告白が成功の秘密


恋愛・結婚

entry-127.png
好きな男性がどんな女性が好みのタイプなのかは気になるところ。勇気を出して聞いてみてかわいい女優さんの名前を言われたり、スタイルが良くて~など、自分が当てはまらなかったりすると絶望的。しかし好みのタイプじゃなくても、強気で告白してみると意外とあっさりOKされることも。
ランキング応援お願いします

押しに弱い男性が多い

男性の多くは好みのタイプの女性意外と付きあえるといいます。好みのタイプはあくまでも「理想」であり、「絶対条件」ではありません。

好みのタイプではない女性と付き合ったことがる人に聞くと、
「告白されて情が移った」
「もうアタックを受けたから」
「断っても相手があきらめなかったから」
と、女性の方から積極的にアタックされたという理由が多い。

男性から告白するなら「好みのタイプ」の女性を選ぼうとするので、好みのタイプではない人を恋愛対象と見ていません。どんなに存在をアピールしたところで、好みのタイプに近くなければ告白されることはないでしょう。

しかし、好みのタイプでなくても告白されれば嬉しいもの。

過去記事「告白はスタートライン!告白されると好きなる?」のように、今までは異性として意識していなくても、告白されることで異性として意識し始めます。

最初の告白で断られたからと言って諦めてはいけません。少し時間をおいて2度3度とチャレンジすることが大事。
告白再チャレンジまでは、距離を置かずに今まで通り接すること。少しでも距離をとってしまうと、せっかくできた「恋愛対象」としての意識が男性から消えてしまいます。単純接触効果を利用して、男性の中でのあなたの存在を大きくします。

一度断っているので、告白されて「気になる存在」になったとしても男性から交際を申し込むのは難しいもの。距離をとられてしまっていてはなおの事。今まで通り接しながらも、好きという気持ちをぶつけ続けましょう。

一度告白して、気持ちは知られてしまっているので遠慮は必要ありません。

なんとなく付き合われても

「好みのタイプでじゃないから、付き合ってもすぐに飽きられてしまうかも」と心配するかもしれませんが、これは好みのタイプだったとしても同じこと。


好みのタイプの人と実際付き合ってみたら違った。ということはよくあること。恋人になることで、今までとは違う一面が見えるようになり、イメージが変わってきます。

ロングヘアーが好きで伸ばしていた髪を、思い切ってショートにしたら好評だった。イメチェンしてみたら意外と好評だったという経験はありませんか?自分では「これがいい」と思っていても、実際は別のものの方が自分には合っていたというこはよくあります。


始めは押しに負けて付き合ったとしても、付き合っているうちに少しずつあなたの良さが見えてきます。告白はゴールではなくスタートです。

見極めは大切

注意したいのは男性がカラダ目的ではないかということ。

「簡単にヤレそう」などと告白されたことをいいことに、単純にカラダ目的で交際をOKする男もいます。好きな男性と付き合い迫られれば、ウカれてついつい許したくなりますが、簡単に許してしまうと後悔してしまいます。
一度の関係で捨てられてしまうか、最悪「本命のつもりがセフレにされていた」なんてことになりかねません。

告白されての交際でも同じことですが、告白しての交際ならなおさら簡単にカラダを許してはいけません。最初からしつこく求めくるようなら要注意です。本気の交際なら2~3か月くらい拒まれても男性は我慢します。あまり長期間拒むと逆効果ですが。


「私は好みのタイプじゃないから」と諦めてしまう前に、思い切ってアタックしてみることが大事です。告白しないということも、告白して断られるということも「カレとは付き合えない」ということでは同じことです。

女性としては男性から告白されたいものですが、のんびりしていてはライバルに先を越されてしまいます。
あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。