悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > 本気になれない、両親に紹介したくない女性の特徴ホーム > 恋愛・結婚 > 本気になれない、両親に紹介したくない女性の特徴

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本気になれない、両親に紹介したくない女性の特徴


恋愛・結婚

entry-145.png
結婚を考えている彼との交際中なら、ご両親への紹介は早くしてほしいもの。
しかし、両親に彼女を気に入ってもらえるか、悪い印象をもたれたらと、
彼氏のは彼女を紹介してもよいか慎重になります。
ランキング応援お願いします

本気なら紹介は意外と早い


最近では、交際中から彼女を親に紹介する男性が増えています。
ただし、真剣な交際で、結婚の挨拶や、結婚後の関係を考えている場合だけです。

紹介するにもタイミングがりますので、必ずとは言えませんが、
「ご両親に挨拶したい」と言っても、その機会をなかなか作ろうとしないなら、
もしかしたら、「まだ本気で結婚を考えていない」「両親に紹介しずらい」と思われているかもしれません。

紹介しづらい女性の特徴


◆見た目、服装が派手
第一印象を一番左右するのは外見。
どんなに性格が良くても、見た目が派手で、構えられてしい、先入観を持たれてしまうと
それを払しょくするのは簡単なことではありません。

茶髪やつけま付け、派手なネイルなどギャル系スタイルの女性は、
遊んでいそう。家事や育児ができなさそう。など、結婚に対してマイナスイメージを持たれます。
普段からそういう恰好をしている場合、会わせるのを躊躇します。

◆一般常識、マナーに欠ける
彼女が非常識だと、彼女がどう思われるかという心配意外に、
そんな女性を選んだ自分のことを、両親が呆れるのではと、男性は心配します。

挨拶の仕方、立ち居振る舞いなど、一般的なマナー、
大人としての当たり前の行動をとることが不可欠です。

◆言葉遣いが悪い
礼儀正しく装っていても、ふとしたことで素に戻ってしまうのが言葉遣い。
見た目はごまかすことができても、口癖はふいに出るためごまかすことができません。

◆年の差がある
最近では、女性のほうが年上のカップルというのも珍しくなくなってきましたが、
やはり年の差がありすぎて、彼女と親の年れが近くなればなるほど、
出産などを理由に反対される可能性が高くなり、男性は親に紹介することを気まずく感じます。

ご両親に気に入られるために


目上の人に対する、「素直さ」「気遣い」「敬意」は絶対必須です。
きちんとした挨拶、身だしなみ、言葉遣いなど、
大人としての最低限のマナーは、普段から意識しておかないと、
ご両親への挨拶という特別なシチュエーションでは、窮屈でボロがでます。

自分らしさ、個性も大切ですが、受け入れられなければ意味がありません。
最低限のマナーがあってこそです。

あなたはどうかわりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。