悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > 手の動きでわかる相手の心理。実は退屈している?ホーム > コミュニケーション > 手の動きでわかる相手の心理。実は退屈している?

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手の動きでわかる相手の心理。実は退屈している?


コミュニケーション

entry-155.png
手の動きは気持ちがあらわれやすいため、表向きには隠している気持ちや考えを確認ができます。
話をしているとき、相手がどういう状態で聞いているのか手の動きを見て判断して、話を早々に切り上げた方がいいかもしれません。
ランキング応援お願いします

■リラックスしているとき
テーブルの上で手を握らずに指を広げているときはリラックスの表れ。手が相手に見える位置にあるのがポイントです。さらに、手のひらが見えるようなら相手を受け入れている証拠。もっと積極的にアピールしても大丈夫です。

■興味を持っているとき
手を軽く握っているときは、興味を示しその場の雰囲気を楽しんでいる状態。ただし長くは続かないので、手がほかの動きを見せたら要注意。

■イライラしているとき
指でテーブルをたたく、強くこぶしを握っているときはイライラしているとき。たたくは気持ちが抑えられなくって行動として現れ、こぶしを握るのは必死に耐えている状態です。
話をやめたほうがいい状態です。足をゆする、歯を食いしばる、目を強く閉じるなども同じ状態。表情は笑ってごまかしていても内心イライラしています。

■何か別のことを考えているとき
手や指をしきりに動かすのは、何かを考えているとき。何気ない会話のときにこの行動をはじめたら、何か違うことを考えているかもしれません。


■不安を抱えているとき
手を相手に見えないように隠す、自分の身体を頻繁にさわるのは不安を抱えている状態。
話しの内容が気に入らない、嫌いな人が近くにいるなど原因は様々です。

■退屈なとき
手で頬をさすったり、こすったりする場合は退屈な状態。興味がない話しや、根拠のない話などに対して行うことが多くあります。話題をはやめに変えたほうがいいでしょう。


表情は楽しそうにごまかせても、無意識の手の動きはなかなか隠せません。
自分は楽しく話していても、相手が楽しんでいなければ好感度はあがりません。一人で勝手に盛り上がり話に夢中にならずに、相手が楽しんでいるかこっそり確認する余裕が必要です。
あなたはどう変わりますか?


シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。