悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > 結婚を考えるなら外見より内面をホーム > 恋愛・結婚 > 結婚を考えるなら外見より内面を

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚を考えるなら外見より内面を


恋愛・結婚

男性は顔や容姿、見た目などの外見の好みのタイプだけではなく、意外にも女性の内面や中身を重視して 評価し付き合うかどうかを判断しています。
20代の若い頃はルックスが美人かどうかで好き嫌いを基準にいた男性でも、 30代を過ぎると精神面の相性、フィーリングの一致など、 心理、性格や内面重視になってきます。
ランキング応援お願いします

好きな人にまた会いたい、一緒にいて欲しい、付き合いたいと思わせる方法は、先天的な生まれつきの才能だけではなく、 むしろ後天的な要素、努力次第で女が磨かれ成果が出ます。

本気、本命の彼氏にしたい対象、婚活中では結婚相手の候補になるような男性がターゲットの時は、ただ誘いやアプローチを受動的に待つだけではなく、自分自身の魅力を発信、アピールすることで一緒にいたいと思わせるようにする必要があります。

一緒にいたい人はどこかに人を引き寄せる独特のオーラを持っています。

モテる女性は聞き上手


会話には相性が良い悪いのバランスがあるので「これがベスト」というものはありません。
男性はお喋りが苦手で、言葉でネガティブな感情をぶつけてくる性格の女性は怖いと感じ面倒くさいと感じます。
しかし、おしゃべりが嫌いなわけではなく、趣味やハマっていることなど、自分の得意分野のことは女性以上に熱く語ります。
話し相手として一緒にいたくなる女性になることは重要です。

・一緒にいて落ち着く
落ち着く、安心できるという癒し系要素は強力な武器になります。若い頃はわがままも一緒にいて楽しいと感じれば我慢できます。
しかし、将来結婚を考えた時はあまり手間が掛からず癒される女性に一緒にいて欲しいと考えるます。

男性は結婚したら家族を養うために働きます。疲れて帰宅した時に妻が一緒にいて疲れる、つまらない、退屈、冷たい、 などの特徴を持ち合わせていたら、仕事をして疲れる。その上、家でも疲れるという二重苦になります。

男性は女性に比べれば情に厚い面があり、自分の事を信用してくれる女性に対しては 全身全霊で支えたり援助してあげようという気概が生まれます。

嫌われる原因は無意識の心理にある、マイナス思考や攻撃性が理由。 相手に対する劣等感、警戒心、疑心暗鬼、猜疑心などは言葉が無くても相手に伝わります。ポジティブ思考でホワホワとした緩い、アンニュイな雰囲気を醸し出していれば居心地が良く、また会いたいと感じてくれて好意をもたれます。



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。