悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > 仕事の重要性を語ることで仕事に意欲を持たせることができるホーム > 仕事関係 > 仕事の重要性を語ることで仕事に意欲を持たせることができる

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事の重要性を語ることで仕事に意欲を持たせることができる


仕事関係


新入社員やが入ってきた時に、仕事を覚えるために基礎基本的な仕事を与えます。
しかしそれをつまらなさそうに、やらされているからという感じでやる新人が多くいます。

新人は「こんな仕事がしたいわけじゃない」と思っています。
上司としては「仕事の基礎なんだからきちんとしろ!」と叱りたくなりますが、叱ってしまうと意欲がそがれ逆効果。
叱るよりも意欲を持たせる必要があります。
仕事に意欲を持たせるにはどうしたらいいかという上司の悩み。
ランキング応援お願いします

その仕事の重要性を知っているか

新人に与えた仕事の重要性を上司であるあなたは、その重要性を知っていますか?

先輩たちが業績に直結するような仕事をしているのを見ると、自分の仕事は基礎的な仕事で雑務雑用に思え、その仕事に意味を感じず、自分のやりたい仕事、目指す目標と違うように思ってしまいます。

新人に与える基礎基本的な仕事は、その後必ず重要な意味を持ち、重要だと感じられます。
もし今後その仕事が重要な意味を持っておらず、重要なものだと感じないならその仕事はする必要がない仕事です。

重要ではないが必要な仕事なら、アウトソーシングなど外部委託しても問題ないでしょう。
新人が思う通り雑務雑用かもしれません。
そんな仕事をしていれば意欲などわくはずがありません。

その仕事の重要性を語れ

「とりあえず新人の仕事だから」という気持ちで仕事をさせていませんか?

これでは新人は与えられた仕事の意味を理解できません。
その仕事がどんな意味を持っているのか、重要な仕事だと本気で語る必要があります。

意味がないように感じる仕事が、どのような結果につながるのか、あなたの体験談を通じて語れることが重要です。
熱く本気で語れれば、いかに重要なの仕事なのか必ず伝わり、部下のモチベーションが高まります。

「つまらない仕事」と感じていたものが「重要な仕事」になり、仕事に真剣に取り組めるようになります。
部下の目線にたち彼らに任せる仕事の重要性を伝えられる上司になりますか?

あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。