悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > 挨拶程度を卒業!親しくなりたい人とは国民の休日をネタにするホーム > コミュニケーション > 挨拶程度を卒業!親しくなりたい人とは国民の休日をネタにする

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挨拶程度を卒業!親しくなりたい人とは国民の休日をネタにする


コミュニケーション

entry-21.png
季節や天気、時事ニュースなど初対面やあまり親しくない相手との鉄板ネタです。
何度も会っている人や挨拶ぐらいは自然にできる人と、同じ話ばかりしていても能がありません。

相手ともっと近づきたい、距離を縮めたいとしたら少し相手のプライベートに踏み込んだ話題が必要です。
ランキング応援お願いします

自然に会話できる共通のネタ

「今日はいい天気ですね」「ニュースで言ってましたが…」など、会話のきっかけ作りが自然にできる関係になったら、
休日や仕事終わりの時間の過ごし方など、相手のプライベートに踏み込んだ話題をしていきます。

いきなり「休日は何をしていますか?」など唐突に、根掘り葉掘り聞こうとすると、不信感を抱かれ警戒されてしまいます。

そんな時使えるのがゴールデンウィークやお正月、夏休みや冬休みなどの「国民の休日」の話題です。
国民の休日の過ごし方はプライベートな話題にも関わらず、
誰でも関心を持っているイベントの日で、さりげなく質問することができます。

「ゴールデンウィークはどこか行かれますか?」「お正月はどこで過ごされますか?」など、
プライベートに関する質問でも、日本中が意識しているイベントなので、誰から質問されても不自然ではなく、
相手も特に意識することなく返答できます。

ほんの少しですが相手のプライベートに踏み入ることで、会話のネタとなる共通の話題が見つけやすくなります。

ただし、あまりプライベートな話題をしたくない人もいますので、相手の反応を見て、
無理にその話題を続けようとせず、別の話題に変えることも必要です。

挨拶程度の関係でいるのか、親近感をもってもらうのか。
あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。