悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > しつこく食事や飲みに誘われたときの上手な断り方ホーム > 仕事関係 > しつこく食事や飲みに誘われたときの上手な断り方

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつこく食事や飲みに誘われたときの上手な断り方


仕事関係

しつこく誘われたらはっきり断る
取引先の相手や上司から個人的な夜の食事や飲みに誘われて、できれば断りたいが、これからも仕事で付きあっていく相手だし、仕事上でのよい関係は保っていたい。

そんなときは、「考えておきます」「そのうち」「また、今度」など、はぐらかしてしまう人もいるでしょう。
その気が全くないのに、相手に気をもたせるように振舞うとしつこく誘われてしまいます。
ランキング応援お願いします

敬語ではっきり断る

「お誘いくださりありがとうございます。大変残念なのですが」と、敬語を使うことで「仕事上のお付き合いですね」という雰囲気をだし、相手に距離を感じさせます。
丁寧な表現なので失礼な言い方にはなりません。

「お仕事でお世話になっている方とは、プライベートで2人きりならないようにしているんです。」とはっきり断りましょう。

ランチを提案する

それでも誘われ、何度も断るのが気まずければ、夜ではなく平日のランチを提案するのも1つの方法。

昼休みという限られた時間の中で、とりあえず相手の欲求を受け流します。
さらに他の社員も誘うなど、周囲に誤解を与えないようにします。

「夜に二人きり」「終わりの時間が分からない」という状況を避けるようにしましょう。

ただ、それでもあまりにしつこく誘われるようなら、上司などに相談するのが賢明です。

曖昧な返事でその場をはぐらかしても、終わりはありません。
あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。