悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > セクハラ発言をうまくかわす2つの方法ホーム > コミュニケーション > セクハラ発言をうまくかわす2つの方法

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクハラ発言をうまくかわす2つの方法


コミュニケーション

entry-33.png

2014年6月18日、東京都議会の塩村議員への「自分が早く結婚したほうがいいんじゃないか」「産めないのか」などのやじ。
自らの発言だったと鈴木章浩議員が名乗り出たことで一つの区切りとなりましたが、
議会中の議員によるものとは思えない、呆れたセクハラ発言問題。

職場でもこうしたセクハラ発言は往々にしてあるものです。
セクハラ発言にはどう対応するのがよいのでしょうか。
ランキング応援お願いします

そっけない相槌

職場でのセクハラで「相手は上司だから…」と、怒ったり文句を言えない場合があります。

内心はイライラとしていても、表情や態度に出さず
「そうですか」「そうですね」とそっけない相槌を打つだけで会話を終わらせてしまいましょう。

その場に居続けると、セクハラ発言を続ける人もいますので、できればその場から立ち去りましょう。

下ネタは無視する

下ネタに反応したり答えたりすると「ウケてる」「下ネタOKの人」と勝手に勘違いされてしまします。
下手に反応するよりも聞こえなかったフリをしましょう。

セクハラ発言者を問い詰めると、下ネタなら「おもしろいだろう」「場をなごますため」、
恋愛なら「相手のことを思って、心配して」など、自分勝手なわけのわからない言い訳をします。

今回の塩村議員へのやじについて鈴木も
「少子化、晩婚化の中で、早く結婚をしていただきたいという思いがあった」
「誹謗するためではなかった」と言い訳をしています。

そっけない反応、または無視することで「この発言はウケない」と思わせる事で、セクハラ発言を減らせることがあります。

何も考えずにセクハラ発言をする人、鈍感な人は気にせずセクハラ発言を繰り返すことがあります。
そういう時は泣き寝入りせず、専門機関に相談するほうがいいでしょう。

あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。