悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > 言葉遣いで悪い印象をもたれる4D言葉ホーム > コミュニケーション > 言葉遣いで悪い印象をもたれる4D言葉

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉遣いで悪い印象をもたれる4D言葉


コミュニケーション

entry-4.png
悪い印象を与えてしまうネガティブワード。ネガティブワードは、暗い、冷たい、つまらない、自分勝手、わがままなど相手に悪い印象をあたえるだけでなく、自分の思考も後ろ向きで暗くなってしまいます。

無意識で使ってしまい自分では気付かないことが多いのですが、
4Dと言われるネガティブワードを使わないようにするだけで相手に与える印象が変わり、
自分の思考も前向きに明るくなります。
ランキング応援お願いします

4Dとは

「でも」「だって」「どうせ」「ですが」これらの頭文字Dをとって4Dといいます。

これらの言葉は、結果を出せなかったことへの言い訳や、相手の発言を否定してしまう言葉です。
成功しない人の口癖、負け犬の口癖とも言われます。

「でも、○○ですよね」が口癖になっている人が多いように感じます。
悪気はないのでしょうが、「でも」が口癖になってしまうと、「いつも人の意見を否定している」といった印象を持たれてしまいます。
自分の行動にたいして「○○しなければいけない。でも××だからできない」と自分への言い訳ばかりしていると、自分に自信がなくなり、自分を信じることができなくなり、素直さ正直さが失われてしまいます。

4D言葉は相手の印象を悪くするだけでなく、自分の思考や行動も悪くしてしまいます。

言い回しを変える

誰かと話をする時の4D言葉を使わないようにすると、言い方が変わり相手の受け取り方が変わります。

「でも、○○ですよね」は「否定+主張」で相手の意見を否定してしまっています。
口調も怒っていたり、呆れていたりするものになり、自分の意見を押し付けてしまいます。

これでは自己主張が強く、相手の意見を聞かない人だと思われてしまいます。

「なるほど。○○はどうでしょう」(肯定+主張)と言い方を変えてみたらどうでしょうか。

相手の意見を聞きつつも、自分の意見を相手に押し付けるのではなく問いかけとして伝えまることで、
前向きに意見交換、コミュニケーションを図ろうとしているように感じられます。

どういう風に言い方を変えればいいのか、
変える言葉がなんなのかいきなりは難しいことですが、
4D言葉を使わないように意識していれば、自然と言い方が変わってきます。

あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。