悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > リンゴタイプの遺伝子体質ダイエットホーム > 美・ダイエット > リンゴタイプの遺伝子体質ダイエット

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンゴタイプの遺伝子体質ダイエット


美・ダイエット

entry-43.png
皮下脂肪より内蔵脂肪がつきやすい体質で、太るとお腹がぽっこりと出るのが特徴。

子供の頃、顔も体もまんまるでぽっちゃりしていたら、ほぼこのタイプ。
りんご型遺伝子を持っている人は内臓の機能が発達していて、全体的に丸みが出やすく、ぽっちゃり体型。
消化が早いため比較的食べ過ぎる傾向にあります。
ランキング応援お願いします

リンゴタイプ肥満遺伝子の特徴

自分の遺伝子体質チェックがまだの人は、先に肥満遺伝子チェックをしてください。


おおらかでユーモアがありムードメーカな活発タイプと世話好きで親切心のある繊細タイプがあります。
活発タイプは正確さや責任感にかける部分があり、持続力がありませんが、誰からも好かれるタイプ。
繊細タイプは何事にも丁寧で少し心配性。依存心が強いタイプ。

お腹がポッコリ内臓脂肪型で男性や閉経後の女性に多い。
内臓脂肪が蓄積しやすく、まずはウエスト周辺がきつくなり腰回りのくびれがなくなります。
糖尿病や高血圧、肝機能低下など、生活習慣病の発生率が高くなります。

いざダイエットを始めても長続きさせることが苦手です。

リンゴタイプのダイエット方法

食べる工夫
炭水化物(糖質)の代謝がよくないので、最後に炭水化物を食べるようにします。
始めに野菜、海藻類などを食べて、
次に肉や魚などのタンパク質を多く含むものを食べ、
ご飯やパン、麺類は最後に食べるようにします。

炭水化物以外のものを先に食べることで、炭水化物の摂取を物理的に難しくし摂取量を増やします。

お腹いっぱいと感じるのは血液中のぶどう糖によって伝達されます。
早食いをすると脳への伝達が遅れ必要以上に食べ過ぎてしまいます。
満腹を感じたときは既に食べ過ぎていることになります。

ゆっくりよく噛んで食べるようにし食べ過ぎないようにします。

おすすめの運動ポイント
リンゴタイプはお腹から太っていくので、腹筋を鍛えるようにします。


肥満遺伝子を分析して的確なアドバイスがもらえる商品がDHCにあります。
気になる人はDHCオンラインショップで「遺伝子分析ダイエット」を検索してみてください。




遺伝子検査ダイエットキットはamazonでも購入することができます。

肥満遺伝子ダイエット、リンゴタイプの紹介でした。
リンゴタイプなのに合っていない違うダイエットを続けますか?
あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。