悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > バナナタイプの遺伝子体質ダイエットホーム > 美・ダイエット > バナナタイプの遺伝子体質ダイエット

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バナナタイプの遺伝子体質ダイエット


美・ダイエット


筋肉がつきにくく、ついても落ちやすいので全体的に細長く関節が目立つタイプ。
10代までは太りにくく、代謝が落ちる30代頃から脂肪が付きやすくなります。
基本的に太りにくい体質ですが、一度太ると痩せづらいタイプです。
ランキング応援お願いします

バナナタイプ肥満遺伝子の特徴

自分の遺伝子体質チェックがまだの人は、先に肥満遺伝子チェックをしてください。

几帳面で完ぺき主義の場合が多く、好きなことに没頭しやすいマイペースタイプと、
周囲の評価を気にしやすい神経質タイプがあります。。

ストレスをためやすく胃や腸の働きが低下しがちで、少し位食べなくても平気な人が多いです。

基礎代謝量が高めで太りにくいですが、一度脂肪がつくと最も脂肪が落ちにくい。
太っているように見られませんが、実は下腹がポッコリとでています。

バナナタイプのダイエット方法

食べる工夫
あっさりとしたものを好みがちで、あまり食べ物に執着しないため、
長時間食べなくても平気で、筋肉の材料となるたんぱく質が不足気味になります。

最初に肉や魚など、タンパク質が多く含まれているものから食べ始め、
次に野菜や海草類、
最後にご飯やパンなどを食べます。

胃や腸が弱いため便秘や便秘や下痢を繰り返しやすいので、
一度にたくさん食べるのはよくない。しっかりよく噛んで消化吸収をよくします。


おすすめの運動ポイント
筋肉が付きにくいので、ダンベルなど筋肉を増やす負荷をかける運動がおすすめ。


肥満遺伝子を分析して的確なアドバイスがもらえる商品がDHCにあります。
気になる人はDHCオンラインショップで「遺伝子分析ダイエット」を検索してみてください。




遺伝子検査ダイエットキットはamazonでも購入することができます。

肥満遺伝子ダイエット、バナナタイプの紹介でした。
洋ナシタイプなのに合っていない違うダイエットを続けますか?
あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。