悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > 小じわ改善3つの対策ホーム > 美・ダイエット > 小じわ改善3つの対策

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小じわ改善3つの対策


美・ダイエット


20代前半まではあまり気にしなかった目元の小じわやちりめんじわ。
しわ対策はスピードと継続が大事で、小じわが大じわになる前に、毎日のきちんとしたケアが必要です。

目元の小じわやちりめんじわは、毎日しっかりケアすることで改善できます。
ランキング応援お願いします

小じわ対策その1:紫外線ダメージを防ぐ

肌の悩みの多くの原因は、紫外線によるダメージによって始まります。
小じわに限らずシミやたるみも紫外線によるダメージが原因。

小じわやちりめんじわの肌のハリや弾力がなくなり、肌が乾燥していることが原因です。
ハリや弾力ある元気な肌は小じわなどとは無縁です。

元気な肌にはコラーゲンやエラスチニンといいた成分がびっしりと詰まっていますが、
これらの成分は紫外線を数分間浴びただけで、破壊されていきます。

20代前半までは肌のダメージ回復が早く、元気な肌を維持することができますが、
20代後半になると回復力が衰え、紫外線によりるダメージが回復しにくくなります。
紫外線ダメージでハリや弾力を失った肌は、表情によるクセが付きやすくなり、
目元に小じわちりめんじわとして残るようになります。

これをこのまま放っておくと悪化し手遅れになってしまいます。
小じわやちりめんじわを悪化させないためには、できるだけ紫外線を浴びないようにすることが大切です。

日焼け止めやサングラス、帽子や日傘などで肌を紫外線にさらさないように気をつけます。

小じわ対策その2:肌の乾燥を防ぐ

肌表面の角質は、乾燥すると硬くなり弾力が失われます。
また肌の表面がひび割れ、肌の水分や保湿成分がなくなりやすい状態にり、
ますます乾燥肌になってしまい、表情などでのクセが付きやすくなります。

肌表面の小じわやちりめんじわを放っておくと肌内部までダメージが広がります。

保湿力の高い美容液やクリームで毎日お手入れをして、
初期段階でしっかり保湿をすることで改善に向かいます。
「まだ大丈夫」の油断が、あっというまに手遅れになってしまうので、
小じわやちりめんじわを見つけたら、すぐにでも集中保湿を始めることが大切です。

肌の水分量を増やすことが大切で、たくさんの水分で乾いて硬くなってしまった肌を柔らかくしてあげます。
肌に水分と保湿成分を満たした後は、乳液やクリームといった油分系コスメで、水分を肌に閉じ込めてあげます。

小じわ対策その3:吸収力を高める

肌の乾燥、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどで角質が厚くなる「肌バリア」で、スキンケアのための化粧水の水分や美容成分の吸収率が低下してしまいます。

古く硬くなった角質は小じわやちりめんじわの原因となります。

ときどきピーリング剤や酵素洗顔料で古い角質を取り除くことで、水分や美容成分の吸収率が高まります。

また厚くなった角質にしみこみやすいよう開発されたブースター美容液は、
一般的なスキンケアでは届かない肌の奥まで浸透し、
後から使う化粧水や美容液の浸透を高めてくれるので効果的です。

30代40代になっても美肌の人たちは、
早くから本格的なエイジングケアを始め、
手を抜かず継続しています。
あなたはどうかわりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。