悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > 会話上手になるには聞き上手になることが一番の近道ホーム > コミュニケーション > 会話上手になるには聞き上手になることが一番の近道

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話上手になるには聞き上手になることが一番の近道


コミュニケーション

entry-5.png
話し上手と言われる人は、話すスピード、声の大きさ、話題の振り方、ジェスチャーなど、相手に合わせて適度にこなすことができます。
会話でいろいろと話ができるようになりたいと、発声練習をしたり、滑舌をよくしよう、話題を仕入れようよと考えている人はちょっと待ってください。
ランキング応援お願いします

会話上手と話し上手は違う

話す時の声の大きさ、滑舌などは「話し方」で、「会話」を構成する要素の一つでしかありません。会話は「話し手」と「聞き手」の両方が揃ってはじめて成立します。
「俺が」「私が」なんて話ばかりする人にはうんざりしませんか?

話し上手で一見話題が途切れず会話しているように見えても、
自分のことばかり話していたり、
相手に興味がないこばかり話していると「ベラベラとうるさい人」と相手が聞いていなかったり、
聞いていてもイライラしていることがあります。

好きな人に自分に興味をもってもらおうとつい自分のことばかり話してしまう人は要注意。

聞き上手のメリット

話し上手ではなく、あまり気の利いた話題がふれなくても、適度に相槌をうったり、適度に話を返していれば、ベラベラと自分のことばり話す人のように不快に思われることはあまりありません。

相手の話を聞くことで、相手の様子がわかり相手に合わせた会話ができるようになります。
相手に合わせることで会話が盛り上がり「この人と話すのは楽しい」と思ってもらえます。
会話上手になるためにはまず「聞き上手」になる必要があります。

話し上手な人よりも聞き上手な人の方が誰からも好かれます。
話すのが上手く一方的に話していたり、相手の話をさえぎったり、違う話題をしたら嫌がられます。
話している人は、話の内容を評価してもらいたいわけでもなく、必ずしも意見が聞きたいわけでもなく、
ただ話の内容に共感してもらいたいと思っています。

聞き上手は相手の話を聞き、相手の興味ある話題で会話ができるから、真剣に聞いてくれる。共感してくれていると好意を持たれます。

話を聞く時間は貴重な時間

会話の中で相手の話を聞くということは、知識を得たり貴重な意見を聞ける貴重な時間です。

会話中、自分だけが話していては新しい知識、新しい考え方は得られません。
聞くことでそういう情報があるのか、相手の話に納得できなかったとしても、そういう考え方もあるのか、
と新しい知識や考え方を得ることができます。

話を返せないときは

会話上手になるために、話し方が必要無いということではありません。
ただ黙って聞いているだけでは、「聞いてもらえてない」と思われ、話が盛り上がらなくなってしまいます。

適度に話を返す必要はあります。知らない話題だったり、うまく話を返すことができない時もあります。
そういった時は相手の言ったこと、言った単語をそのまま言う「オウム返し」で乗り切ることができます。

「私○○なんです」「私○○なんですか」
上にもあるように、話し手は共感してもらいたいと思っているので、「共感してます」「聞いてますよ」というニュアンスさえ伝えられれば満足します。
相手が話し上手なら「××だから○○なんです」とさらに話を続けてくれます。
下手に自分の意見を言ったり、アドバイスをするよりも無難です。

会話上手になるには、話し上手になるより、聞き上手になるほうが近道です。
あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。