悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > 思春期ニキビと大人ニキビの特徴ホーム > 美・ダイエット > 思春期ニキビと大人ニキビの特徴

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思春期ニキビと大人ニキビの特徴


美・ダイエット

entry-54.png
成長期である13~18歳ごろの思春期はに多くみられるニキビ。
思春期ニキビは成長ホルモンの影響で過剰に分泌された皮脂が主な原因。
一方、思春期を過ぎてできる大人ニキビは複雑で、
生活習慣やストレス、スキンケアなどさまざまな原因が考えられます。
ランキング応援お願いします

思春期ニキビの特徴

思春期ニキビは年齢を重ね、皮脂の分泌が少なることで自然と症状は落ち着きます。

13~18歳ごろは、成長ホルモンの影響で皮脂腺の働きが活発になり、
過剰に分泌された皮脂が角質層を肥大させて毛穴をふさいだり、
皮膚内で細菌の影響を受けて炎症を起こしてニキビになります。

皮脂分泌が増える春から夏にかけて、
特に皮脂分泌の多い額や鼻にできやすいのが特徴です。

多すぎる皮脂が原因なので、こまめに洗顔し肌を清潔に保ちます。
スナック菓子や甘いもの、脂っこいものの食べ過ぎにも注意が必要です。

大人ニキビの特徴

不規則な食生活、ストレス、化粧、ホルモン作用などさまざまな原因があり、
成長ホルモンが原因の思春期ニキビと違い、しっかりと原因を究明し解消されない限り
繰り返しニキビができてしまい、どんどん悪化していきます。

思春期と比べ肌の新陳代謝が低下しているので、ニキビ跡が残りやすくなります。

フェイスラインやあご、くびすじなどにできやすくなります。

同じニキビでもその原因は異なります。しっかりと原因を究明し対策することが大切です。

あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。