悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > また失敗!ダイエットが何度も失敗する理由ホーム > 美・ダイエット > また失敗!ダイエットが何度も失敗する理由

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また失敗!ダイエットが何度も失敗する理由


美・ダイエット

entry-63.png
ダイエットを始めてもなかなか続かない、すぐにリバウンドしてしまうのは心理的原因があります。
ダイエットが失敗する心理とはどういったものなのでしょうか。
ランキング応援お願いします

承認欲求によるダイエット失敗

ダイエットを始めるきっかけは「美しくなりたい」という気持ちがほとんどです。
もちろん「健康のために」という人もいるでしょうが、
ダイエット商品の謳い文句をみてもわかるように
「健康」より「美」が強調されています。

「あの人より痩せたい」
「同窓会に間に合わせたい」
理由は様々ですが、自分と誰かに痩せたと認められたい、
「自己承認欲求」と「他者承認欲求」をもってダイエットに挑戦します。

小さいサイズの服が着られるようになるなど「痩せた」と実感したり、
「痩せたね」と言われるようになること想像し、
モチベーションを上げてダイエットを行うのですが、
2~3日で目標とする姿になることはまずありません。

毎日体重計に乗り、見てわかるほどの結果が得られず
モチベーションはどんどん下がっていきます。
自己承認の段階で早々に諦めてしまいます。
仮に自己承認を満たし、自分では「痩せてきた」と思っていても、
周りからの反応が薄ければやはりモチベーションが下がり諦めてしまいます。

自己承認、他者承認の両方を満たさないとダイエットは続かず成功しません。

自己承認は、他者承認と比べ、自分で判断するのだから
簡単にできるように思えますが、意外と難しいもの。
仮に最初の目標体重を達成したとしても、
「まだまだ太っている」と理想をもっと高い所にもっていき
いつまでも理想に近づくことができなくなることがあります。

自己承認できないで異常なほどやせ細ってしまう人もいます。

無謀なダイエット計画

ダイエットを始めるとき、体重やウエストサイズなど目標を立てると思います。
また「夏までに」「同窓会までに」など期限もあるでしょう。
「1ヶ月で10kg痩せる」などそもそもの期限と目標に無理があったり、
無理やり達成させるために、過度の食事制限や無理な運動量を計画してしまします。

「摂取カロリーの削減」や「炭水化物など特定栄養素を摂取しない」などは、
空腹や栄養不足から食事に対する執着心が強くなりストレスになります。
その状態でつい口にしてしまうと、必要以上に食べてストレスを発散しようとします。

体脂肪を燃焼させようと今まで運動をしていなかったのに、
「30kgジョギング」や「2時間の体操」など、いきなりできるはずのない量で設定することは、
無理だ・続けられない早々に諦めてしまうことになります。

ワンパターンで飽きる

人は同じことの繰り返し、ルーティンワークを続けていると刺激がなくなり飽きてしまいます。
ダイエットの効果はすぐに現れないため、
表われないので単純作業を繰り返すだけで刺激が無くなってきます。
ダイエットを始めた当初は、新しい経験の始まりで刺激があり、楽しく頑張れますが、
次第に刺激がなくなり楽しさよりも面倒くささが上回りサボるようになります。

過信によるリバウンド

一時的な減量に成功したはずなのに、すぐに以前の体重、あるいはそれ以上になってしまうリバウンド。
ダイエットが成功して体重が減ると「いつでも痩せられる」と過信してしまいます。
ダイエットは減量よりもそれを維持することが難しいのです。

ダイエットとしてやっていた、摂取カロリー量や運動が習慣化することで
その体重を維持することができるのはずなのですが、
なぜか痩せたから大丈夫と勘違いしてカロリー摂取量を元に戻し、
運動をやめてしまうから元の体重に戻ってしまいます。
また、食事制限で溜まったストレスから、必要以上に食べてしまい最悪元の体重以上になってしまいます。



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。