悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > 男女で違うぽっちゃりと肥満デブの境界線ホーム > 美・ダイエット > 男女で違うぽっちゃりと肥満デブの境界線

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男女で違うぽっちゃりと肥満デブの境界線


美・ダイエット

entry-74.png

男性が考えるぽっちゃりと肥満デブの境界線
ポンパレモールが実施したアンケートによると、10代~30代の独身女性56%が「ぽっちゃり」「太っている」と回答。
多くの女性が標準より太っていると感じている結果となった。
女性が思うぽっちゃりと男性の思うぽっちゃりは違うと言われるが、
男性の思うぽっちゃり体型と肥満体型の境界線はどこなのか。
ランキング応援お願いします

男女で違うぽっちゃり

痩せているのか太っているのか、ぽっちゃりなのかデブなのか。
この感覚は男女でかなりの差があるようです。

標準体型体重に近い女性の言う「太った」は、男性が見れば「どこが?」と思うことが多く、
女性が気にする多少の体重増加は気にしていません。

女性のいうぽっちゃりは、男性にいわせれば肥満デブということが多くあります。
できるだけ痩せて見られたいという女性心理から、ぽっちゃりのレベルを下げることで、
男性の思う「ぽっちゃり」を「まだ痩せている」「標準」としていることが多いようです。

痩せている女性ほど「ぽっちゃり」のイメージが男性に近く、
太っている女性ほど男性のもつイメージから離れる傾向にあります。

男性から見たぽっちゃり

ぽっちゃりと肥満の境界線についてのアンケート結果を見てみると
健康的か(53.8%)
体のラインがあるか(43.8%)
三段腹(40.0%)
二重あご(33.8%)
背中の肉(22.9%)

三段腹や二重あごといった見て簡単にわかる肥満でなければ、
ぽっちゃりと肥満デブの境界線はあいまいで、
1位半数以上が回答した「健康的か」という部分が重要になります。

一目見て肥満と言い切れる体型ではなくても、
外交的で活発、元気があればぽっちゃりに見られ、
逆に元気がなければ肥満と見られてしまいます。

多少お肉がついていても、「ポジティブ」で「笑顔」「明るい」「ほがらか」などのイメージを持たれれば、
肥満デブではなくぽっちゃりと見られるようです。

実は結構あいまい

ネガティブは絶対NGでしょうが、どの程度を「健康的」と感じるかは人それぞれでハッキリしません。

実際は「恋人としてアリかナシか」。
アリならぽっちゃり、ナシなら肥満デブと見ています。

男性から「ちょっと太った?」と言われても気にすることはありません。
恋愛対象から外れている女性の体型を気にすることはないので、
まだ恋愛対象として許容範囲にある人にしか言いません。
「ちょっと太った?だけどまだアリだよ」という意味です。

恋人にするなら「痩せた女性」、結婚するなら「ぽっちゃり女性」という不思議な男性心理があります。

結婚を考える年齢、結婚前提としての付き合いなら、
体型を気にして痩せるためのダイエットでストレスをためるよりも、
ポジティブ笑顔を大切にしている方がいいかもしれません。

あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。