悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > 直しておきたい6つの話し方の癖ホーム > コミュニケーション > 直しておきたい6つの話し方の癖

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直しておきたい6つの話し方の癖


コミュニケーション

entry-9.png
話し方には人それぞれ特徴があり、その特徴は自分でわからないもの。
独特の特徴のある話し方は相手の印象に残りやすいのですが、相手を不快にさせてしまう話し方もあります。

相手を不快にさせてしまう話し方の特徴を紹介します。
不快にさせる話し方が癖になってしまい悪気はないのに、悪い印象をもたれてしまうことがあります。
まずは自分の話し方を意識して自分の話し方を改善してみましょう。
ランキング応援お願いします

語尾を伸ばす話し方を改善

「○○でぇ~」「○○だからぁ~」と言うように若い人に多い話し方です。

友人同士や似た性格の人ではあまり気にならないでしょうが、幼く頼りない印象を与えてしまい
ビジネスシーンでは、どんなにしっかりした内容でも、薄く感じられてしまいます。
語尾を意識して、しっかり発音することで印象が変わります。

語尾が強すぎる話し方を改善

語尾が強いと、「きつい言い方」「威圧的な言い方」になってしまい、冷たく命令的な人といった印象を持たれます。
また語尾が強いと主題(伝えたい部分)が相対的に弱くなり、言いたいことが何なのか伝わりにくくなります。

言いたい部分を強く言い、語尾はソフトにすることで印象が変わります。

早口な話し方を改善する

話すということは必ず相手がいます。聞き手を意識して話の間が作れていないと早口になってしまいます。

相手があなたの話に反応する間がないと、一方的でわがままな印象を持たれてしまいます。
相手の反応を見ながら、相手の反応を確かめてから次の言葉を発するようにすると印象が変わります。

前置きが長い話し方の改善

本題に入るまでが長いと、話が回りくどい、本題に入る前に「何がいいたいの」と思われ、相手はイライラしてしまいます。

きちんと説明してから本題に入った方がよいと思ってしまいますが、前置きが長いと逆に伝わりづらくなります。
本題のポイントはなんなのか、ポイントに関することだけを前置きし本題に入る方が伝わりやすくなります。

区切りがない話し方の改善

「読点(、)」が続く長い文章が読みづらいのと同じで、会話でも「読点」が続くと内容がよく分からなくなります。

「○○が、○○の、○○なので、○○は、○○で、○○を、○○すると…」
できるだけ短くまとめ、「句点(。)」で一度切り、接続詞でつなぐ方が内容が伝わりやすくなります。

小さな声の話し方の改善

口の開け方が小さいと、もごもごと口ごもってしまいます。聞き取りにくいと相手はイライラしてしまいます。

大きな声を出せと言われても難しいという人は、口を大きく開けて話すようにしましょう。

話し方は癖であり、なかなか自覚するのは難しいもの。
しかし、その話し方で相手をイライラさせてしまうことがあります。
少し自分の話し方を意識してみることで印象がかわります。
あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。