悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > ケンカが絆を強くする。ゴメンナサイとアリガトウ。ホーム > 恋愛・結婚 > ケンカが絆を強くする。ゴメンナサイとアリガトウ。

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンカが絆を強くする。ゴメンナサイとアリガトウ。


恋愛・結婚

entry-91.png
ケンカせず円満な関係でいられればと思いますが、なかなかそうはいかないもの。
人はできるだけ円満な関係でいようとして、本音を隠し譲っている部分があり不満をもっています。

譲れないことやちょっとしたことで不満が爆発してケンカになってしまいます。
「ケンカするほど仲がいい」というようにケンカすることで仲が深まることもあります。
ランキング応援お願いします

ケンカするほど仲がいい

お互い無関心であったり遠慮しあっていようあるなら、そもそもケンカは起きません。

何をしていようが、何を言っていようが気にしていないから当然です。
一切ケンカがないカップルというのは、上手くいっているようで、実は無関心なだけかもしれません。

相手の言動を気にしているからこそ、自分の言動との違いに不満をもちケンカになります。
ケンカがきっかけで関係が終わってしまうこともありますが、
ケンカをしても一緒にいられるということは、お互いを理解しあえている証拠ではないでしょうか。

ケンカでしてはいけないこと

今のケンカとは関係ない過去のことを言ってしまうと、論点が分かりにくくなり、
なんでケンカしているのか決着点がわからず収拾がつかなくなります。

またた、部屋から出たり、その場からいなくなるのは絶対にしてはいけません。
ケンカは「話し合い」です。
その場からいなくなるということは、話し合いを放棄したのと同じで、絶対に解決することはありません。
意見も言わず無言になったり無視したりするのもいけません。

ケンカで見える相手の本音

男女のケンカの原因は意見の食い違いです。
相手の意見に対し強い口調で向かっていくと、相手も強い口調で返してきます。
この繰り返しでどんどんヒートアップして論点がズレていくこともあります。

意見の食い違いがあっても、感情的に意見するのではなく、
「私はこう思うけど、あなたは?」と、話し合いのつもりで意見を述べると、ケンカがケンカでなくなります。

ケンカの時は相手の本音が見えます。
つい感情的になりぽろっと口が滑り本音をもらします。
言われてムカッとすることもありますが、そこはぐっとこらえて
「そう思ってるのか」と相手のことを理解してあげます。
これは仲直りした後、絆を深めるのに役立ちます。

仲直りは早く!ごめんなさいとありがとう

ケンカの後、仲直りができていなにの皮肉や嫌味、そっけない態度をとると、亀裂が深まってしまいます。

ケンカをしたらすぐに仲直りをすることが大切です。
相手を思いやり優しさを伝える態度、微笑みなど
相手に好意を伝える態度を積極的にとることです。

自分に非があったり、言い過ぎたなと思う部分があれば、
「ごめんなさい」ということです。

忘れていけないのは何に対しての「ごめんなさい」なのかです。
言い過ぎて…我がまま言って…など、明確にする方が誠意が伝わります。

「ごめんなさい」がなかなか言えないときは「ありがとう」です。

「聞いてくれてありがとう」
「本音をいってくれてありがとう」
雰囲気を変えようとお茶を煎れてくれたり、仲直りをしようという態度が見られたら、
それについての「ありがとう」でもかまいません。

「ありがとう」は相手を上げる言葉なので、自分を下げる「ごめんなさい」よりも言いやすいでしょう。
ありがとうはポジティブな言葉なので、お互い前向きに考えられるようになります。

ケンカすることは悪いことではありません。
ケンカで相手の本音を知り、早く仲直りして絆を深めるかが重要です。
あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。