悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > 男がついキスしたくなる5つの唇テクニックホーム > 恋愛・結婚 > 男がついキスしたくなる5つの唇テクニック

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男がついキスしたくなる5つの唇テクニック


恋愛・結婚

entry-95.png
唇を魅力的にするのはメイクだけではありません。
リップやグロスを塗ったりすることで魅力的な唇は作れますが、
唇の使い方だけでもキスしたくなるような唇になります。
ランキング応援お願いします

舌をだす

唇の横のほうからペロっと無意識でだしたような舌先は、
かわいらしさとセクシーさが同時に出せます。
口を開けて舌をだしたり、いっぱい出しすぎると
マヌケ顔になってしまうので注意。

唇を噛む

ゆっくりとスローモーションのように下唇を噛むしぐさは、
男性を誘っているような大人な雰囲気になります。

唇を舐める

こちらも男性を誘うようなセクシーな雰囲気になります。
唇をはみ出さない程度でゆっくりと舐めます。
唇をはみ出すと下品に見えてしまいます。

「噛む」、「舐める」は露骨にやってしまうと、下品に誘っているように見えてしまうので、
見られてないつもりなのに見られてた、
ついつい無意識でやてしまったという感じを装うと、魅力的になります。

アヒル口

かわいいの代名詞となったアヒル口。
アヒル口をかわいいと思う男性は増えましたが、
似合わない人がすると不細工になってしまうという、使い手を選ぶ唇です。
鏡の前でやってみたり、写メを撮って似合っている人と見比べてみたり、
アヒル口でマイナス評価にならないか事前に確認が必要です。

すねたトンガリ口

すねて唇を突き出すとキス顔に近くなります。
ほっぺたを膨らませたかわいらしいキス顔で男性の妄想を掻き立てます。

本当に突然唇を奪われてしまうということはないでしょうが、
キスしたい」と思わせることで好印象を持ってもらえます。
あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。