悩みを相談しても、最後に解決できるのは自分の心。悩み解決のヒントを見つけてください。

ホーム > スポンサー広告 > コミュ力が上がる!聞き上手な人の「あいうえお」ホーム > コミュニケーション > コミュ力が上がる!聞き上手な人の「あいうえお」

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュ力が上がる!聞き上手な人の「あいうえお」


コミュニケーション


誰かと話していて、話しやすい人だなと感じる人には、相手の話を聞くことが上手な「聞き上手」というスキルを持っています。
聞き上手な人に共通する「あいうえお」を紹介します。
ランキング応援お願いします

あ-相づち・アイコンタクト

目を見て話すことで、しっかり聞いていることをアピールできます。

相づちは会話をスムーズに進めるための潤滑油になります。
聞き上手なひとは「うん」「なるほど」「へー」など相手の話に合わせた声をだし、
感情をわかりやすく声で表現します。

さらに「大変でしたね」「いいですね」などの短い感想を付け加えます。
だらだらと長い感想を述べると、相手の話の腰を折ってしまうことになるので、
一言ですませることが大事です。

相づちでは相手の発言を否定しません。
「確かに」「わかります」「私もです」など共感することで、
同調効果があり、相手は気持ちよく話をすることができます。

い-一生懸命聞く

他の事を考えていたり上の空だと相手もつまらなくなります。
話を聞くときはしっかり聞いてあげます。
一生懸命きいてあげれば、相手も一生懸命話をしたくなります。

う-うなずく

細かくうなずいたり、深くゆっくりうなずいたりなどパターンがあり、与える印象が変わります。
うなずくことは簡単な仕草ですが、首を縦に振られると
「人は無意識的に気分がよくなる」と心理学的にも証明されています。

え-笑顔

笑顔と無表情では与える印象が全然違います。
笑顔では否定的な表現は難しく、肯定的で前向きな表現や発言になります。
どんなに他の会話のテクニックが上手でも、無表情では効果が低くなります。

お-オウム返し

相手の話のフレーズをただ返すだけのオウム返し。
慣れないうちは一生懸命相手の話を聞き、フレーズを拾わなくてはいけませんが、
無意識で出来るようになれば、「一生懸命聞く」「相づち」ができるようになったということ。
聞き上手になってきたことになります。

聞き上手な人は「あいうえお」が無意識でもできている人です。
コミュ力を上げたいと思ったら、まずは「あいうえお」を思い出してください。
あなたはどう変わりますか?



シェア ツイート はてぶ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。